新型Mac mini (Mid 2011)の分解レポート

2011-07-22 Apple
img-a-11-0722-105900

おなじみのバラシ屋iFixitが早速Mac mini Mid 2011を分解しています.

Mac Mini Mid 2011 Teardown

まとめると

良い点

・分解の難易度は十段階評価で8(10が易しく1が難しい)
・独自形状のネジはない.
・HDDに温度センサーは付いていない.
・簡単にメモリやHDD/SSDをアップグレード出来るだけでなく,二つ目のドライブを追加することも容易に出来る.(コネクタがあれば?)
・内部に除去すべき接着剤はない.

悪い点

・CPUはロジックボードに半田付けされている.
・電源の交換は難しい.
・HDDx1構成で購入した場合,ハードドライブ用のコネクタはそれ用の一個しか付いてこない.

最小構成で買ってきて,あとから自分で用意したSSDを追加できたら…と考えている方も多そうですが,どうも元から2台HDD/SSD構成でないと2台目用のコネクタが無くて増設が難しいみたいですね.どうしても増設したい人は,ここなどでコネクタケーブルが販売されるのを待ちましょう.

分解の難易度も易しい評価8となっていますが,どちらにしろ一般人には少々敷居が高そうです.ただし,「増設」ではなく「換装」なら普通に出来そうです.


No comments yet.

Leave a Comment