デュアルディスプレイ時の配置を工夫してみよう

display_lin

最近は高解像度ディスプレイも安くなりましたし,デュアルディスプレイ環境(もしかしたらそれ以上のマルチディスプレイ)の方も多くなってきたのではないでしょうか.

みなさん,例えば上の写真のようにディスプレイを設置した場合,PC/Macでのディスプレイの配置の設定はどのような感じにしますか?

おそらく物理的な配置と同じようにこんな感じ(下図)で設定されるかと思います.

※設定は
Mac: 環境設定 => ディスプレイ => 調整
Windows: デスクトップで右クリック => 画面の解像度
で変更できます.どちらもドラッグで移動できます.

もちろんこの配置もオーソドックスで使いやすくて良いのですが,よかったら下の2写真のような設定も試してみてはいかがでしょう.

この配置の一番のメリットはディスプレイ間の右端・左端に「ひっかかり・壁」が出来ることです.

ディスプレイ右端・左端の壁が出来ることにより,例えば
・Windowsの「Aeroスナップ
・MacのBetterTouchToolの「Windows Snapping」
などを使えるようになったりします.

そのほか,いろいろな操作をシングルディスプレイ時とほぼ同じように扱うことが出来るようになります.
壁が有ったほうがやりやすい動作って意外と多いですよね.

デメリットとしては,
・物理的な配置とソフトウェア的配置が異なるので最初は戸惑う.
・ディスプレイ間のマウスポインタの通り道が点.
・そもそも2~枚のディスプレイを「1枚の大きなディスプレイ」と見立てて使っている人にはこの配置は不可能.
などがあります.

デメリットもありますが,それを補えるだけのメリットがあるんじゃないかなーと個人的には思っています.
変更は簡単にできますので,是非一度お試ししてみてはいかがでしょう.


No comments yet.

Leave a Comment